【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【自己啓発に最適】スキルアップしたい社会人が実践すべき学び方5選

勉強方法
この記事は約6分で読めます。

おはよう、こんにちは、こんばんは、たつごん(@tatsugonblog)です。

本記事をご覧いただきありがとうございます。

たつごん
たつごん

社会人で学習習慣がない人の割合は約7割にも及びます。サラリーマンになると勉強しなくなったり、将来このまま勉強しなくていいのか不安になったりするはず…。

本記事では、スキルアップを目指すためにおすすめの学び方(自己啓発)をご紹介します。

以下のご紹介の中には私もいくつか実践していることもあるので、皆さんの参考になれば幸いです。

人生100年時代なんて言われている時代ですから、色々なスキルを身につけて人生を謳歌しましょう!

自己啓発をすることの大切さ

まずは、社会人が自己啓発をすることの大切さについて少しお話したいと思います。

社会人の学習状況の現状は以下となります。(2018年調査より)

リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査2018」によれば、昨年1年間に、自分の意志で、仕事にかかわる知識や技術の向上のための取り組み(例えば、本を読む、詳しい人に話を聞く、自分で勉強をする、など)をした雇用者の割合は、33.1%という数字になった

7割弱の社会人が「学ぶ習慣」がないという現実より引用

学習している社会人の割合は約3割となっており、約7割の人は学習していないという現状があります。

社会人は忙しくて時間がなく、更には何を学ぶべきなのかが不明確なことから勉強しないことが多いと思います。

社会人が学習することのメリットとして、

  • 仕事が捗る(出世につながりやすくなる)
  • 給料が上がる
  • 人脈が広がる
  • 転職する時に役立つ

などなどプラスに働く要素が色々とあります。

社会人は忙しくて時間をとることが大変かと思いますが、スキルアップのために少しの時間でも学ぶ習慣をつけることが大切です。

では、社会人の学習スタイルとしてどのようなものがあるのか以下にご紹介していきます。

プログラミングスクールに通う

近年、世界中でプログラミングを学ぶ必要性が叫ばれており、日本でも小学校ではプログラミング学習を推進するなどプログラミングが注目されています。

また、今後のIT人材需要は高まっていくと考えられており、今の段階で約15万人ほど不足しているとのデータがあります。

将来IT人材数と入職・退職率の推移
IT人材は2030年には78.9万人不足するが特にビッグデータ、IoT/M2M、人工知能が狙い目より引用

IT市場が急激に成長している中で多くの企業が技術者の採用を積極的にしており、以前までは問題視されてきた給与の水準も徐々にではありますが上昇している傾向にあります。

また、今後少子高齢化に直面する日本は労働人口が減少することが見込まれており、それがIT市場の技術者需要を助長していることが言えます。

いわゆるエンジニア業界がは売り手市場である中、プログラミングスキルを身につけることは自分の強みになり、キャリアアップにもつながるといった利点を大いに秘めています。

最近ではオンラインプログラミングスクールもあるので、気軽に受講することができます。興味がある方は早め早めに学習しておくべき領域だと思います。

受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
 有名IT企業DMMが運営している会社なので信頼度・満足度が高いことで好評です。

オンライン英会話学習

語学の習得はあなたのスキルを上げるのはもちろん、職種や働く場所の幅を広げることができます。

私もオンライン英会話を受講しており、現在の職業でも英語を使う機会があるため色々活かすことができています。

「たつごん君は英語ができるみたいだから、この部署で働いてくれるか」

と入社当初言われたのを未だに覚えています。

そんなにペラペラでもないので不安ではありましたが、今となっては自分のスキルが活かされたという過程に満足しています。

オンライン英会話をすることで海外旅行に行ったときに役立ったり、海外出張のチャンスをつかむことができるため、自己啓発の一つとしてオススメです。

私はDMM英会話を利用しており、以下にその内容をまとめているのでよかったらご覧いただければと思います。

自己啓発セミナー参加

自己啓発をする手軽な方法としてセミナーに参加するという方法があります。

キャリアアップやスキルアップを目的としてセミナーを導入する企業も少なくなく、近年注目されている啓発手段となっています。

私の会社でもビジネス研修として○○基礎研修や企画研修などビジネスにおいて必要なスキルを学ぶ機会があります。(忙しい時は面倒に感じる時もありますがw)

そういった社内でのセミナーじゃなく、外部の人と交流ができるセミナーとなると異業種での議論が活発に行われたり、人脈が広がったり、ビジネスの機会に出会うことができたりと様々なメリットがあるので自己啓発セミナーはおすすめです。

情報商材を活用する

私はあまりお勧めはしていないのですが、インターネット上には様々な情報商材があります。

皆さんもご存じであろうnoteもその情報商材の一つにあたります。「(仮)私が○○億円貯めた実践法」みたいな感じでよく見かけますよね。

情報商材の中には優良だと感じる(本当に学びになる)教材もありますが、残念なことに詐欺的(内容が超薄い)教材も多くあります。

情報商材を買うなら私だったら上記でも述べたnoteかなと思っています。個人の方が書いていたり、有名ブロガーさんが書いている優良商材もあるので良いと思いました。

ブログを書く(アウトプット系)

私は知識をインプットするだけが自己啓発だとは考えていません。

あなたが今まで取り組んできたことや学んできたこと・スキルをアウトプットすることで自分の強みや弱みがわかったり、思考力が高まります

また、ライティングを続けると文章スキルも上がるはずなので、表現力やプレゼン力も高まると私は考えています。

ブログを始めると色々なブロガーさんの記事も自然と読むようになっています。それがとても刺激になっていると日々感じます。

まとめ

上記のように5つ紹介してきましたが、別に無理して自己啓発しようとは言っておらず、寝ることも自己啓発なのではと考えていますw

忙しくて疲れている状態で無理して何かするのと寝て翌日の仕事にスッキリして臨む状態を作るだと後者の方が能率的です。

また、結局インプットして使わなかったら無駄になるだけなので、私がオススメだと思う方法はインプット→アウトプットの流れを作ることです。

なので、5つ目にご紹介したブログと何かしらのインプットをするとかでもいいと思います。現在は私も色々な自己啓発に奮闘中です!お互い頑張りましょう(^^)/~~~

本記事は以上!他の記事でもお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました