【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

外国語を習得する4つのコツ 【結論、これしかない】

言語学習
この記事は約4分で読めます。

外国語を習得するって難しすぎる。簡単に習得できるコツや方法があれば教えてください。

今回はこんな悩みを解消します。

本記事では、外国語を習得する4つのコツをご紹介します。この記事を通じて、そこまで難しく考える必要はないということが伝わり、皆さんの励みとなれば幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

外国語を習得する4つのコツ 【結論、これしかない】

外国語を習得する方法って何なんだろう。こう考える人は多いと思います。

私がオーストラリアやフィリピンで英語を勉強していた時、多くの先生が言語そのものを楽しむことなんてよく言われてきました。

没頭することが最も大切というのです。スポーツや勉強も楽しくやらないと向上しないのと同じです。

では、外国人が思う具体的な言語習得方法って何なのか?そこに迫っていきたいと思います。

1.映画を観る

よく他のサイトでも映画を観ることと記載がありますが、ただ映画を観ているというだけでは意味がありません。

英語字幕で観ることがとても重要なポイントになってきます。

ただただ映画を観ていても、英単語や文法が脳裏に浮かんでこないと意味がなく、英語字幕を見ながら鑑賞することこそがボキャブラリーの増加や英語の理解につながるのです。

あとは、何度も見たことのある映画や好きな映画で実践することでより楽しく言語学習できると思うので、トライしてみてくださいね。

2.洋楽を聞く

続いて、洋楽を聞くのもとても有効な方法です。何度も音楽を聴いていると、自然と歌詞がわかってくることってありませんか?これが言語学習に役立ちます。

音楽の中で使われている単語や文章が頭の中に入ってきやすいので音楽は最強な言語学習ツールだと思います。

しかし完璧には覚えるのは難しいと思うので、そんな時は歌詞を見ながら音楽を聴くことをおすすめします。一つひとつ単語を照らし合わせて聞くことが重要です。

3.ラジオを聴く

学んでいる言語に対して徐々に自信や力がついてきたと感じたら、ラジオや長めのリスニングに挑戦してみましょう。

上記で述べた自信や力についてですが、「前より理解できてきたかも…?でも、まだ話すのは絶対に無理」という人が踏むステップとして、このラジオなどのリスニングをお勧めします。

ラジオは対話が絡んでくるので、アウトプットとしてもとても役に立つツールだと思います。

4.とにかく話しまくる

さいごは、とにかく話しまくることです。英会話の先生も言っていましたが、勇気がある人は最初から積極的に話すべきだと言っていました。

そう言われたときに、真っ先にあの出川哲朗さんが浮かんできました笑

色々な人と直接会話をすることであなた自身のこれまでにない経験になり、文法や語彙が自然と強化されていきます。会話スピードやスラングまでだんだん慣れてもいきます。

やっぱりどうしても伝わらなかったらどうしよう…など無駄に色々考えてしまいますよね。

でも、ネイティブの人たちは教えたり、アドバイスなど喜んでしてくれます。無料レッスンみたいに積極的に教えてくれたりするんです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。実際に簡単に言語習得できる近道はなく、上記紹介した4つさえ押さえていれば徐々に習得できてくるといいます。

上記ご覧いただいて気づいた人もいると思いますが、言語習得には「楽しく」触れることが最も重要だということです。学校のテストではないので、積極的に間違ってなんぼの世界なのです。

とにかく積極的に言語に触れて、色々な人と会話をし、環境を英語だらけにすることこそが本当の言語上達への近道なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました