【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【超簡単】PS4のコントローラーが勝手に動く時の対処法【アナログスティックの掃除の仕方】

ライフハック
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、たつごんです。

今回は、PS4のコントローラーが勝手に動く時の対処法【アナログスティックの掃除の仕方】について記事にしました。

コントローラーのアナログスティックが勝手に動くから、上手くエイム合わせられない…!

こう悩んでいる人は多いと思います。

私もシューティグ、いわゆるFPSをプレイしているときによくイライラしてました笑

だってちょうどいい時に、この現象が起こるんです!

早速、そんな悩みを解消していきましょう!!

【超簡単】PS4のコントローラーが勝手に動く時の対処法

とにかくめちゃくちゃシンプルです。

私はこれで直すことができたので参考になれば嬉しいです。

ただし、全員がこの方法で改善できるとは限りません!(ここ注意)

また、今回ご紹介するのはアナログスティックが勝手に動く時の直し方です。

勝手に動く原因

ほこりや手垢、カスが詰まってしまっている可能性があります。この場合、きちんと掃除をすれば問題なく作動したりします。

準備するもの

まず、必要なモノはこちらです。

  • PS4コントローラー(当たり前w)
  • つまようじ

この2点になります。てか、ほぼ1点。

コントローラーが汚くてすみません笑

手順・進め方

これらが準備できたら早速直していきましょう。

これも実はめっちゃシンプルです。

上記のように爪楊枝をアナログスティックの隙間に入れていきます。

かなり奥まで入りますが、爪楊枝のとがっている部分が入るくらいで大丈夫でしょう。

入れすぎると折れてしまう可能性があるので、注意が必要です。

そのあとは、上記のように爪楊枝を回転させていきます。

これで掃除完了です。私はこれしただけで直りました笑

掃除の後の爪楊枝を見てみると結構汚れていることがわかると思います。

この方法で改善されない場合

この方法で改善されない場合もあると思います。

その時に考えられる対処法は下記になります。

改善方法
  • 接点復活スプレーをかけて直す
  • ドライバーで分解して直す
  • 修理店に直してもらう
  • 新しいコントローラーを購入する

接点復活スプレーをかけて直す方法

接点復活スプレーをアナログスティックのすきまに発射して直す方法です。

接点復活スプレーとは

電子部品の様々な電気接点の汚れを取り除き、電気の流れを回復させる洗浄剤のこと

500円以下で購入可能なので、コスパ最強です。

ドライバーで分解して直す

これは私はあまりお勧めしてません。

なぜなら、分解作業が複雑で簡単にできるものではありません。

また、自らやろうとして修理前に戻らなかったり、壊れたりする可能性すらあります笑

こうした分解系が得意な方はやってみるといいでしょう。

修理店で直す&新しいものを購入する

なんやかんやでこれが一番シンプルかもしれません。

爪楊枝や接点復活スプレーで直らなかったら、修理店に出すか新しいコントローラーを買ってしまってもいいと思います。

お金で解決する方法ですね笑。これが最も楽っちゃ楽なんですよね。

この方法でよい人は上記試してもだめだったらお金に頼るでいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました