【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

テンバガーの正しい買い方やモメンタム投資の極意を紹介【じっちゃま米国株】

投資生活
この記事は約13分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。
Twitterのフォローもぜひよろしくお願いいたします_(._.)_

この記事では、じっちゃまこと広瀬隆雄氏の米国株投資についてまとめています。
今回は、テンバガーの正しい買い方やモメンタム投資の極意について。

広瀬隆雄氏とは何者?

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。(ZAI

Youtubeで定期的にLive配信をされていて、とてもアップデートな情報を聞けるので、米国株投資をされている方にはおすすめの米国株投資チャンネルです。

じっちゃまの解説を聞いてから運用成績が良くなってきているので、そこで参考・勉強になったことをこのブログでまとめて発信をしています。

※重要ですが、投資の判断は自己責任でお願いします。

テンバガーの正しい買い方やモメンタム投資の極意を紹介

じっちゃまLIVE配信の“テンバガーの正しい買い方やモメンタム投資の極意”などに関する意見をまとめました。

“モメンタム投資”の極意とは?

じっちゃま
じっちゃま

マーケットが過去最高値を更新する場合。高値更新の瞬間にバーッと新しい投資家が飛び乗ってくるケースもあります。その時は新高値になった瞬間にズドンと相場が上に行くというケースがままあります。

じっちゃま
じっちゃま

皆がワーッと買いついたあとで利食いが出て、相場が反落すると、今までは上値抵抗線つまり最高値の線が今度は上値抵抗線ではなく下値支持線に変わるわけですよね。だから一回ズドーンと突っ切って、上昇した後で反落して、そして前に突っ切ったレジスタンスのレベルまで戻ってくる

じっちゃま
じっちゃま

そこでグッと相場が持ち堪えられるかどうかを確認する必要がありますもしそこで持ち堪えたのであれば、もう一段高そこから本格的に買いに行けると思う。まず上にぶっちぎることができるかどうかを確認する必要がある。その新値だぞーという時点で飛びつくやり方。

新値をつけた瞬間のトレードはハイリスクである

じっちゃま
じっちゃま

一つテクニカル分析に基づいたトレードの教科書的な買い方として、新値をつけた瞬間に飛び乗るというやり方があります。これはアメリカではアグレッシブなトレーディングと言われます。決して良いトレードの仕方ではないが、そういうやり方があるということは認めます。

じっちゃま
じっちゃま

何故それが良いトレードと言えないかというと、ブレイクアウトしたと思ったけれども騙しで反落するリスクがあるから。だから、アグレッシブな飛び乗りはハイリスクな仕方なんですよ。

機関投資家がしているトレードの仕方とは?

じっちゃま
じっちゃま

でも、それが好きな人も一部にはいます。個人投資家にそういう人が多い機関投資家でテクニカルチャートを見ながら売り買いしている人はどういうやり方をしているかというと、コンサバティブなトレードの仕方をします。

じっちゃま
じっちゃま

一回ブレークアウトして株価がダダダと新値に上昇する、その後で力なく株価が反落して、今までレジスタンスだったところが今度はサポートを提供するかどうかテストするわけです。

じっちゃま
じっちゃま

そこで、グッと下押しして「下値固そうだぞ」と分かったらもう一回そこからリバウンドで二回目の正直で上がり始める。その上がり始めたところを確認して、それのことをコンファメーションと言います、コンファメーションが出た後で買いつく方法がテクニカルトレーディングで最も教科書通り(=最上のやり方)、保守的な乗り方なんです

じっちゃま
じっちゃま

シグナルすら出てないのに相場の方向を決めつける奴がもの凄く多い。こんなことを言うと何を知っているんだと言われるかもしれないけど、僕は実はテクニカル分析は英才教育を受けているのよ。

じっちゃま
じっちゃま

僕の師匠で友達だった人はゲイルデューダックという方です。ゲイルは証券投資銀行のテクニカルアナリスト、ストラテジストだったのだけれども、僕の会社に転職をして彼女がチーフテクニシャンだった。彼女は当時全米テクニカルアナリスト協会の会長さんですよ。

自分のシナリオよりも、みんなに従って動け!

じっちゃま
じっちゃま

ゲイルが言ってたことは「色々な理論、こじつけとかを皆はやりがち。自分独自のシナリオとか。だけれども、テクニカル分析のポイントはチャートを見てる人が多ければ多いほどシグナルが実現しやすい、そこがもの凄く重要だ。」と主張していたのね。

じっちゃま
じっちゃま

だから、皆が多数決で相場が上だというふうに思うようなトレードを自分も素直に従ってやるというのが基本であって、自分だけのオリジナルの手法は戒めなさいということ。シンプルであればシンプルであるほど良い

じっちゃま
じっちゃま

なぜなら、シンプルなものほど皆が見ているからと彼女が言っていた。もう一つ口酸っぱく言っていたのは基本ですよね。例えば、相場の先行きをコールしてはいけないんです。ちゃんと新値を抜けたところでここから新しい買い物が飛び乗るということは予期してよい。まずは新値になるまで待ってくださいということを言っています。

機関投資家は急いでない!コンファメーションが出た後で買え!

じっちゃま
じっちゃま

機関投資家は急いでいないんです。慌てる乞食は貰いが少ないじゃないけれども、慌てふためいてあたふたトレードしているのは個人ですよ。なぜなら、機関はものすごい資金量でトレードしないといけないから、薄いマーケットで自分の買いたいポジションを立てられない。

じっちゃま
じっちゃま

なので、皆がテクニカルベースにトレードするならば、コンサバティブなトレードポイント、つまりコンファメーションが出た後で買うという習慣を身につけてください

じっちゃま
じっちゃま

機関投資家が目指していること。緩いけれどもなかなか覆せないトレンドをしっかり捉えるというのが一番上手いやり方なんです。モメンタム投資の極意はひたひた…と来る、それをすっぽり取りに行く買い方が王道だと思う。

間違えないで!テンバガーの正しい買い方とは?

質問者
質問者

好決算ではねた後に買うのであれば、年4回の買い場がすべてになりますが、四半期おきにでいいのでしょうか。

じっちゃま
じっちゃま

いや、そうではないですねテンバガーの買い方は、良い決算が出た銘柄を良い決算が分かったあとで、株価が跳ねたあとで買ってください

じっちゃま
じっちゃま

そこで、バイ&ホールドで抱き続けて売らないんですよ次の決算はもう既にロング、買持しているんですよ

じっちゃま
じっちゃま

そこで決算がよければ、「はぁ、助かった!」とこれで今回の決算もクリアという形で命が少し伸びる

じっちゃま
じっちゃま

その次の決算も良い決算だったら「安心!これでまた3カ月間だけ命が伸びる」というふうに既に買い持ちしているポジションを3か月ごとに命が伸びながらずっと持ち続けることが正しい方法なんですよ。

じっちゃま
じっちゃま

だから、買ったら払う、買ったら払うをやっていたら砂漠に水をやるのと同じで、いつまで経っても大きく育むことできないでしょ。そこんところ間違えないでください。

機関投資家から見放される!ガイダンスは低く低くが鉄則

じっちゃま
じっちゃま

一回でも決算しくじったら、機関投資家から見放されるんですよ。

じっちゃま
じっちゃま

そうじゃなくって、小さな喜び「え、決算良かったの?ほんの少しだけサプライズ!嬉しいじゃん」というほんの少しのホカホカするような温かい投資家との信頼をピシピシと積み重ねていける企業が大きく花開く銘柄になるんです。

じっちゃま
じっちゃま

だから、ガイダンスは低く低くするのが鉄則。

iDeCoを始めるなら“松井証券”(PR)

おすすめのネット証券会社
“松井証券”

【↓おすすめの理由↓】
運営管理手数料がずっと0円
松井証券なら誰でも手数料ゼロなんです。
業界最多水準の商品ラインナップ
「ひふみ年金」や「eMAXIS Slim」など初心者におすすめの人気ファンドが多くあります。

おすすめの米国株書籍を紹介

\インデックス投資歴15年の実践記録がこの一冊で!/
お金は寝かせて増やしなさい

おすすめポイント
  • インデックス投資歴15年間の資産運用記録が紹介されている
  • なぜインデックス投資がおすすめなのかがこの一冊でわかる
  • 「お金は寝かせて増やす」の方法、本質がわかる

\米国株投資の凄さがわかる!必読の投資本/
お金が増える 米国株超楽ちん投資術

おすすめポイント
  • 有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • 米国株に投資する(すべき)メリット、理由がわかる
  • これから米国株を始めようとしてる人でもわかりやすく解説されている

\人気米国株Youtuber「バフェット太郎」氏が著者/
バカでも稼げる「米国株」高配当投資

おすすめポイント
  • こちらも有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • どのような根拠、ポイントで銘柄選定をしているかがわかる
  • 長期的な米国株投資手法がわかる

今回は以上です。
さいごまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました