【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

いま割安で取引されている4つのセクター/バリュー投資をするなら個別銘柄一本釣りせよ!

投資生活
この記事は約16分で読めます。

こんにちは、たつごんです。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。
Twitter:@tatsugonblog

この記事では、じっちゃまこと広瀬隆雄氏の米国株投資についてまとめています。

今回は、主に“いま割安で取引されているセクター4つとは?/バリュー投資をするなら個別銘柄一本釣りせよ!”について。

広瀬隆雄氏とは何者?

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。(ZAI

じっちゃまの解説を聞いてから運用成績が良くなってきているので、そこで参考・勉強になったことをこのブログでまとめて発信をしています。

※重要ですが、投資の判断は自己責任でお願いします。

いま割安で取引されているセクター4つとは?/バリュー投資をするなら個別銘柄一本釣りせよ!

それでは、じっちゃまの意見をまとめましたのでご紹介していきます。

割安でトレードされている4つのセクターとは?

じっちゃま
じっちゃま

あまりワクワクしませんよね。一つには電力会社のPERが歴史的に見て高い水準にあるということです。

じっちゃま
じっちゃま

もっと言えば、今過去10年のセクターPERと比べて割安でトレードされているのは本当数えるくらいしかなくて、①原油、エネルギー(ここが一番安い)、②素材、③ヘルスケア、④銀行くらいしかありません。

じっちゃま
じっちゃま

なので、バリュー投資をやりたいということであれば、その4つのセクターを集中的に勉強する必要があると思います。

VTV、VDEはどう? / バリュー投資の極意とは?

じっちゃま
じっちゃま

ぼちぼちじゃないでしょうか。何でもETFが良いとか、何でも指数が良いとかなぜ受動的な発想は良くありません。

じっちゃま
じっちゃま

例えば、バリューETFと一言に言っても何を基準にバリューと定義しているのかによって大きく中身が変わってきます。そして、そのバリューETFがバリューだと言っているものがバリューじゃなかったりとかそういうものが沢山含まれています

じっちゃま
じっちゃま

なので、バリュー投資の極意というのは銘柄選定にあるわけだから、個別じゃなくてバリュー投資をやっていますというのは言っていることが意味不ですよね。つまり、バリュー投資をやるなら個別株、銘柄一本釣りをしてくださいという話をしています。

ハネウェル(HON)はどう? / IBMはバリュー銘柄?

じっちゃま
じっちゃま

ハネウェル(HON)はイマイチですね。ちょっと高いと思います。

じっちゃま
じっちゃま

IBMはバリュートラップではないでしょうか。一見するとバリューに見えるけれども、万年バリューというやつじゃないかな。IBMは売上高も増やせてない、利益も増やせてないという会社なので、僕だったらパスですね。

BTI、EMN、CAT、LMTはどう?

じっちゃま
じっちゃま

あまり好きではありません。ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)は、まあ近寄らない方が良いと思います。よく知っている会社です。

じっちゃま
じっちゃま

イーストマンケミカル(EMN)は良いと思います。とても良い銘柄を見ていますね。私も実は見ています。今の時流に合ったストーリーだと思います。

じっちゃま
じっちゃま

キャタピラー(CAT)も良いとは思うんだけれども、こっちの方は後回しですね。イーストマンケミカルの方が良いと思います。

じっちゃま
じっちゃま

ロッキードマーティン(LMT)はこのところ2回続けて決算発表悪かったですよね。なので、注意する必要があると思います。

株式投資をするなら“松井証券”(PR)

おすすめのネット証券会社
“松井証券”

【↓おすすめの理由↓】
・他証券より取引手数料がお得!
1日の株式約定代金の合計50万円まで手数料はゼロ。そして、25歳以下もゼロ。
・色々な株式情報ツールが無料!
条件からじっくり選びたい人にも、手間をかけずにカンタンに選びたい人にもぴったり。

じっちゃまが推薦する株式投資本3選

╲「テクニカル分析はこういうもの」という本質がわかります!/
マーケットのテクニカル分析

評価 :5/5。

深く掘り下げている理論的な本ではなく広く浅く網羅的な本といったイメージです。
600ページという分厚さですが、書かれている事はテクニカル分析の基本的事項を図解と併記されており、とても読みやすくなっています。
誤記はあるようですが、親切なレビュアーさんが訂正してくれていますので参考に。
1000円弱のトレード本を何冊も買うより、この本をじっくり何周もかけて読む事をお薦めします。(Amazon)

╲ウィリアム・オニールの投資を深く学びたいなら/
オニールの成長株発掘法

評価 :5/5。

グロース株投資を行う上での重要なことはほとんど全て網羅されています。短期間のうちに利益を上げていくCAN-SLIMの手法のほか、損切りや利確のタイミングについての記載が非常に勉強になりました。本書は600ページ以上と厚く、専業ではない多くの投資家には細かすぎて実践が難しい内容もありますが、この投資スタイルのエッセンスを身に付けることは極めて有益です。(Amazon)

╲米国株投資をするなら必需品です!/
アノマリー投資(日本語版)

評価 :5/5。

これは凄い。不景気の最中に執筆されているにもかかわらず、2020年に至るダウ平均の暴騰をかなり的確に言い当てている。今現在読んでいる最中だが、あまりにも有益な情報が多過ぎて付箋だらけになる。(Amazon)

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ他の記事もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました