【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

残業が多い会社に勤めるメリット・デメリット【本当にこのままでいいの?】

就職活動
この記事は約5分で読めます。

残業が多い会社に勤めるのは避けたいと考える人は多いと思います。

私も残業が多い企業に勤めていますが、平日にプライベートな時間を確保するのは難しいです。

そこで今回は残業が多い会社に勤め続けるメリット・デメリットを紹介します。

残業が多い会社に勤めるメリット・デメリット

このタイトルを見てこう思った人は多いのではないでしょうか。

「残業が多い」にメリットなんてないだろーよ。

私は残業が多いのは嫌ですし、なるべくそういう会社には勤めたくありません。今の会社は多いですが笑

しかし、逆にメリットと捉えている人もいると思うんです。なので、メリット&デメリットの紹介というタイトルにしました。

[ad]

まずは、定番のデメリットから見ていきましょう。

デメリット①:プライベートな時間が取れない

デメリット①は、プライベートな時間が取れないということです。仕事にしか時間を割けないため、平日は全く自分の時間を確保できません。

平日も趣味や勉強に時間を充てたい人や恋人や友人、家族との時間を大切にしたい人には残業ばかりの毎日は苦痛に感じてしまいます。私も勉強や趣味の映画鑑賞など全然しない生活になってしまいました。

デメリット②:体調の悪化につながる

デメリット②は、体調の悪化につながる可能性があるということです。残業をしすぎると睡眠時間を確保できないなど健康的な生活ができなくなります。

他にも、残業をしすぎると腰痛や肩こりといった症状や精神状態が不安定になるなど様々な健康被害につながる可能性があります。

残業時間が上限規制を超える働き方をしている人は注意が必要です。上限規制は、サブロク協定を参照したらわかります。下記のように定められています。

[ad]

36協定とは、労働基準法36条に基づく労使協定であり、企業が法定労働時間(1日8時間・1週間で40時間)を超えて労働(残業)を命じる場合に必要となります。 上記のとおり、36協定は、締結し、所轄の労働基準監督署へ届出なければ、企業は従業員に法定労働時間外で労働(残業)させることはできません。

36協定とは何ですか?(人事労務Q&A)

サブロク協定では時間外労働は月45時間、年360時間と法律で定められています。まあ、サービス残業などあるので、守られているとは思いませんね笑

デメリット③:仕事が楽しくなくなる

デメリット③は、仕事が楽しくなくなってしまうということです。長時間労働のため仕事にメリハリをつけることは厳しいでしょう。そのため、仕事に対するモチベーションは徐々に下がっていきます。

最初はその仕事がしたい、楽しいと思ってたけれども、あまりに残業が多すぎてつらいと気持ちが変化することは珍しくありません。誰でもリラックスの時間がなければ、興味のある仕事も嫌いになりやすいです。

ここからはメリットを紹介していきます

これまでデメリットを紹介してきましたが、今度はメリットについて触れていきます。人によってはメリットに感じられる点かもしれません。

メリット①:残業代を稼げる

メリット①は、残業代を稼げる点です。残業代が支払われる企業に勤める場合は、働けば働くほど一応給料に加算されていくため、年収も高くなります。

とにかく稼ぎたい!お金が欲しい!という人は残業すればお金を得られるので、そういう人にとっては最大のメリットになり得ると思います。

正直、残業が多いメリットでこの残業代のことしか浮かんできませんでした笑

メリット⓶:忍耐力がつく

これは無理やりメリットとして持ってきました笑

残業が多いとそれだけ忍耐力はつくと考えています。人間って面白いなと感じる部分でもあるのですが、残業の多さにだんだんと慣れが生じて、普通の感覚になってくることです。

例えば、転職先の人は残業が多いと言っているけれども、前の会社よりはラクだからといったように他人よりも残業耐性が付いていることに気付いたなんてことがあるかもしれません。

11時間労働が当たり前だったのが、9時間労働とかになったら感覚的に楽に感じてくるのは自然なことかもしれません。人間ってすげーよ笑

【疑問】本当にこのまま勤めていいのか?

多くの人は残業が多い会社・常態化している会社に勤めると1度は思うであろう「ずっとこの会社に勤め続けていいのか?」という問題です。

これに対する正解はないので、人それぞれだと思います。しかし、体調に悪影響を及ぼす場合は注意が必要です。体調を崩してしまっては大変ですからね。

そういう場合は、転職や休職をして少しでも体をリラックスさせてあげることが大事です。今の会社以外にも世の中には沢山の会社がありますからね。無理はしないようにしましょう。

[ad]

◇転職先も残業が多いのでは…と心配な方へ

転職をするにしても、その会社も残業が多い可能性があると不安に感じてしまう人もいるでしょう。確かにおっしゃる通りです。転職失敗しているひともいます。

ですが、しっかりと入念に転職に向けて準備をしていけば、問題なく理想の職場で働けるようになるでしょう。社会人向け訪問サービス「CREEDO」なら中小~大手出身まで様々なキャリア経験者に相談ができるのでおすすめです。

社会人向けOB訪問サービス【CREEDO】無料ユーザー登録

◇簡単に会社を辞められない…という方へ

上司や同僚との人間関係や職場環境が理由で、辞めたいけどそう簡単に仕事を辞められない人や退職しますと言いづらい人は退職代行を使うのも一つの手です。

退職代行では、代わりに必要な手続きや連絡など一括対応してくれるため、あなたが何かをしなければならないということはありません。もちろん、有給消化などの交渉は不可なので注意しましょう。

依頼費用も5万円以下ととても安価なため、コスパの良さから依頼をする人も多いようです。退職代行J-NEXTは2万円で対応いただけるので、コスパ最強です。

¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

タイトルとURLをコピーしました