【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

米国の地方銀行で今オススメの株式銘柄は?シティグループの業務再編成について【HES/CFR/TFC】

投資生活
この記事は約14分で読めます。

こんにちは、たつごんです。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。→(@tatsugonblog

この記事では、じっちゃまこと広瀬隆雄氏の米国株投資についてまとめています。

今回は、主に“米国の地方銀行で今オススメの株式銘柄は?シティグループの業務再編成【HES/CFR/TFC】”について。

広瀬隆雄氏とは何者?

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。(ZAI

じっちゃまの解説を聞いてから運用成績が良くなってきているので、そこで参考・勉強になったことをこのブログでまとめて発信をしています。

※重要ですが、投資の判断は自己責任でお願いします。

米国の地方銀行で今オススメの株式銘柄は?シティグループの業務再編成について【HES/CFR/TFC】

じっちゃまLIVE配信の主に“米国の地方銀行で今オススメの株式銘柄は?シティグループの業務再編成【HES/CFR/TFC】”という意見をまとめました。

今からは入れるバリュー株は? / エネルギー株のヘス(HES)はどう?

じっちゃま
じっちゃま

ヘス(HES)と書いてあるけれども、ヘスは今がちょうどブレイクアウトしようとしているところなので、これなんかが好適ですよね。

じっちゃま
じっちゃま

それ以外で言えば、例えばカレンフロスト銀行(CFR)なんかは買いシグナルが出た直後ですよね。

じっちゃま
じっちゃま

あるいは、トゥルイスト(TFC)も買いシグナルが出た後ですよね。だから、この辺ではないでしょうか。

地銀の2020年予想PERの伸び率が低い件について

じっちゃま
じっちゃま

まず、トゥルイスト・ファイナンシャル(TFC)は合理化ストーリーです。

じっちゃま
じっちゃま

つまり、BB&T・サントラストという二つの地銀が合併してトゥルイストという新会社になったので、目先は重複している本社機能とかをリストラしてコスト削減することによって業績を良くしていくことができます。

じっちゃま
じっちゃま

そういう目の付け所でトゥルイストに注目しています。で、まだサントラストやBB&Tとか古いブランドネームで営業しているので、紫色のトゥルイストのロゴをほとんど見かけません。今はまだそういう段階ですよね。

じっちゃま
じっちゃま

カレンフロストに関しては、小さな銀行なんだけれども、今後アメリカの中で最も急成長する地域でマーケットシェアが高い銀行がカレンフロストだと思っています。

じっちゃま
じっちゃま

それはサンアントニオ、オースティンといったところが中心です。そして、中長期的なストーリーに注目してカレンフロストに注目しています。

今後のシティグループ / メガバンクの決算発表について

じっちゃま
じっちゃま

シティは今業務再編成を行っている真っ最中で韓国、それからインドネシア、タイランド、ベトナムといった国の支店網を売却中です。そして、メキシコの支店も売却意向を発表しています。

じっちゃま
じっちゃま

ということで、ジェーンフレーザーという新しい経営者の方になったんだけれども、今一生懸命体質改善をしようとしています。そして、その行きたい方向ややりたいことは理解できます。

じっちゃま
じっちゃま

一言で言えば、機関投資家に向けて色々なサービス、トレーディングとか投資銀行だけの業務だけじゃなくて受け渡しや預かりも含めたサービスを提供したいということをメインにして、プライベートバンキングみたいな二本の柱を打ち出しています。

じっちゃま
じっちゃま

それ自体は悪くないのですが、インスティテュ―ションのビジネスはそれほど美味しいビジネスだとは思わないので、それであればステートストリートでいいのでは?と思いますね。だから、いずれにせよ少し時間がかかる状態だと思います。

じっちゃま
じっちゃま

メガバンクの決算発表というのはこれまでにJPモルガン、ウェルズファーゴ、シティグループが終わったわけですけれども、その3社の中だけで言えば明らかにウェルズファーゴの内容が最もよかったと思います。

[2022/1/16配信]

株式投資をするなら“松井証券”(PR)

おすすめのネット証券会社
“松井証券”

【↓おすすめの理由↓】
・他証券より取引手数料がお得!
1日の株式約定代金の合計50万円まで手数料はゼロ。そして、25歳以下もゼロ。
・色々な株式情報ツールが無料!
条件からじっくり選びたい人にも、手間をかけずにカンタンに選びたい人にもぴったり。

おすすめの米国株書籍はこちら

\インデックス投資歴15年の実践記録がこの一冊で!/
お金は寝かせて増やしなさい

おすすめポイント
  • インデックス投資歴15年間の資産運用記録が紹介されている
  • なぜインデックス投資がおすすめなのかがこの一冊でわかる
  • 「お金は寝かせて増やす」の方法、本質がわかる

\米国株投資の凄さがわかる!必読の投資本/
お金が増える 米国株超楽ちん投資術

おすすめポイント
  • 有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • 米国株に投資する(すべき)メリット、理由がわかる
  • これから米国株を始めようとしてる人でもわかりやすく解説されている

\人気米国株Youtuber「バフェット太郎」氏が著者/
バカでも稼げる「米国株」高配当投資

おすすめポイント
  • こちらも有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • どのような根拠、ポイントで銘柄選定をしているかがわかる
  • 長期的な米国株投資手法がわかる

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ他の記事もチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました