【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【不動産投資・空室対策】退去後に取り入れたい“第一印象を掴む”照明アイテム

不動産投資
この記事は約17分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。

所有物件が退去になったときに修繕やリフォーム・リノベーションで活用したいコスパ最強な照明を知りたいです

私

オラも知りたいです!!

ということで、私の備忘録も含めてフォーカルポイントを生み出す「良いな」と思ったアイテム【本記事では照明】を以下に記録していきます。

そもそもフォーカルポイントって何?

まずは、「フォーカルポイント」って何?について簡単に説明していきます。

フォーカルポイントとは、単語の通り「焦点となる(=focal)場所(=point)」という意味で、ある空間に入ったときに一番はじめに目がいく場所のこと。

引用:「フォーカルポイント」を意識した部屋づくり

不動産投資においてこれはとても大切で、例えば、空室の内覧に来られるお客様がそのアイテムを見たときに「この部屋おしゃれ!」とか「この家に住みたい!」と思ってもらえるきっかけに繋がります。

つまり、フォーカルポイントを考慮した部屋にすることが大切です。そんな商品を以下に記録していきます。今回は照明アイテムを紹介していきます。

※私個人の好みで記録していくため、「これは…」というのもあるかもしれません。ご容赦ください。

【不動産投資・空室対策】退去後に取り入れたい第一印象を掴む照明アイテム

DINGLILED シーリングライト:¥4,299~

シーリングライトは丸型が一般的だったりしますが、ダクトレール型にするとこれだけで雰囲気がカフェ風になりお洒落です。

不動産投資家さんもリノベでこのようなライトを活用されており、今流行とも言えるアイテムなのではないかなと思います。

全然雰囲気が変わると思ったので、私も今後交換が発生した際には挑戦する予定です。

Depuley シーリングライトもデザインがお洒落で好きです。こちらは4,199円でした。

吉田照明 フロアスタンド:¥3,200~

優しい明かりのフロアスタンドは和室に置くライトとしてピッタリです。

和室は入居者から敬遠されがちですが、このスタンドを置くことでモダンな雰囲気を醸し出してくれるので、有り無しでは全く第一印象が違います。

和室を洋室化しようと考えている方は、まずはこうしたスタンドライトを置いて入居募集かけてみて、それで埋まったらコスパ最強だと思うのでぜひ。(これぞまさにフォーカルポイントw)

吉田照明 和風ペンダントライト:¥2,600~

和風ペンダントライトも和室にピッタリの商品です。

和室はふんわりとした明るさがモダンな雰囲気を生み出してくれるので、その空間の見た目が見違えるほど変わりますよね。

IKEAにも似たようなランプがあり、値段はIKEAの方が安いです。この価格で雰囲気が変わるなら取り入れたくなりますw

Venus ペンダントライト:¥5,699〜

こちらのペンダントライトはアンティーク調なところが素敵です。

よくキッチンカウンターやダイニングで使用される場合が多く、暖かい雰囲気を醸し出してくれます。

カフェやレストランのように様変わりするので、ご飯も楽しめること間違いなしです。

今回は、退去後に取り入れたい第一印象を掴む照明アイテムを紹介してきました。

照明は部屋の雰囲気をも変えてくれるため、フォーカルポイントとして採用したいところです。

私は退去が発生したらダクトレール型ライトを積極的に取り入れていく予定です。

ただ、無くても入居が決まるならそれに越したことはないので、まずは入居募集をかけてみてそれで決まらなかったらこのようなアイテムを設置するのが良いですね。

空室対策も楽しんで取り組んでいきたいと思います。今回は以上!

以下、関連記事です。

▼【実践編】公庫融資を活用した初めてのアパート投資について書きました。

▼【海外と比較】日本の不動産価格は上昇傾向なのかについて解説しています。

タイトルとURLをコピーしました