【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

不動産投資は何歳から始めるのが良い?【結論:20代からやるべき】

不動産投資
この記事は約7分で読めます。

サラリーマンの副業ランキングに必ずと言っていいくらいランクインしている不動産投資。副業がしたい人の中には不動産投資がしたいけど…

不動産投資は何歳から始めるのがいいの?

と悩んでいる方も多いかと思います。そのため、今回はその悩みを解決していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、早ければ早いほど不動産投資は拡大しやすく、収益も取れやすいです。以下にその理由を3つ大きくまとめました。

不動産投資が早ければ早いほどいい理由
  • リスクが取れる(=失敗してもやり直せる)
  • 長期で融資を受けられる
  • 資産形成が図りやすい

それでは、それぞれについて説明していきたいと思います。

リスクが取れる(=失敗してもやり直せる)

不動産投資の話だけではありませんが、投資や事業は失敗するか成功するかのどちらかでリスクはつきものです。

例えば、60代で定年を機に不動産投資を始めたいと言って退職金数千万を不動産投資につぎ込んだとします。もう既に会社を退職していますから、安定した収入はなく年金と不動産で得る収入での生活となります。

そのため、何らかの理由で不動産投資を失敗してしまったら、再就職や転職が厳しいシニア世代の方は他からの収入でカバーできず破産になりやすいですよね。退職金と年金生活である程度悠々自適に暮らせるものが不動産投資の失敗で人生大転落となってしまいます。

しかし、転職も可能かつこれから収入UPが見込める若い人が不動産投資に失敗したとしても、損してしまったお金を取り戻したら、再度不動産投資にチャレンジすることも可能なわけです。時間があるって最強です。

長期で融資を受けられる

60代の話を再び持ってきてしまい恐縮ですが、、60代の人が25年間のローンを組むことは可能でしょうか。25年後には85歳以上の年齢になっているためその期間で融資を受けるのは厳しいですよね…。

しかし、20代であれば定年までまだ40年以上あるわけですので、銀行は積極的に融資を出してくれることでしょう。25歳で25年ローンを組んでもまだ50歳ですから若い世代は有利な条件で融資を受けられることがあるかもしれません

近年は、不動産投資ローンは審査が厳しくはなっているもののある程度属性があり、自己資金もそこそこある状態なら、銀行は問題なく融資を出してくれるでしょう。貯金がたくさんある40代∼50代が資産運用に有利だというわけでもないので、20代でも融資は受けられることを気に留めておきましょう。

資産形成が図りやすい

資産運用なんて中高年の世代がやらないと意味がないと思っている人は多くいます。確かに、資金が貯まってきている世代が投資をした方が元本が大きいわけなので利益も出しやすいはずです。

しかし、20代から資産運用を行うことで株式投資では複利効果によって利益を出しやすく、不動産投資では不動産規模を拡大させることで資産を増やすことが出来ます。この不動産規模の拡大は期間がなければできません。

早い時から資産運用を行うことで、長期にわたって資産の拡大を図ることが出来るのは20代の特権だと言えるでしょう。最近では、不動産投資でなくても株式投資などで資産運用することは比較的容易な時代ですからチャレンジしてみることをお勧めします。

私は大学時代、ウェルスナビという資産運用アドバイザーにバイト代の5割3万円ほどを積立投資をしていました。(ちなみに、10万円ほど増えました。)今はもうやめていて、株式投資や不動産投資の資金を貯めることに注力しています。気になる方はチェックしてみてください。

>>>預かり資産・運用者数No.1の資産運用アドバイザー「WealthNavi」

20代で不動産投資を始める方法

不動産投資を始めるにあたって必要になってくるのが、自己資金と社会的信用力が挙げられます。

不動産購入時に頭金として不動産価格の最低でも2割ほど、価格が安ければ3割以上なんて額が必要になってくることもありますので、自己資金があることは最低条件です。フルローンで借りられている方もいますが、少しでもリスクを抑えた運用がしたいならば資金を貯めましょう。

そして、社会的信用力とはあなたの職柄や勤続年数、年収などを考慮して決まるいわば偏差値的なものになります。サラリーマンは給料が安定しているため、その恩恵を受けることが出来ることでしょう。最低でも3年は勤めていることが必要みたいですが、実際に2年でも融資でている人もいるので、とりあえずサラリーマンであればこちらはクリアしてますね。

これらが揃ったらすぐ始められますが、不動産投資をするならしっかりその勉強をすることも大切です。書店で色々な不動産投資本が1000円台で買えますからそこは躊躇せず、将来への投資と考えて沢山読むようにしましょう。私もバンバン買って読んでいます!似たような内容の本も多いので注意です(笑)

最善の努力を果たす覚悟をもった不動産投資家が、疑心暗鬼となりやすい不動産投資の世界で道しるべとして読むにふさわしい名著だと思います。
不動産投資に必要な知識が、順を追って分かりやすく書かれています。有能な講師の授業は、内容が濃くて情報量が多くてもすっと頭に入ってくるものですが、ちょうどそのような授業を受けているような感じです。

上記の本は結構おすすめですし、さすがAmazonでもランキング上位に入っている名著なので、購入してみることをお勧めします。

今回は以上です。他の記事でもお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました