【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【注目の日本株】給料日に買いたい安定成長株をまとめてみた

投資生活
この記事は約6分で読めます。

おはよう、こんにちは、こんばんは、たつごん(@tatsugonblog)です。

本記事をご覧いただきありがとうございます。

たつごん
たつごん

最近、イイ感じの成長株ないかなぁって考えてたから、本記事では安定成長株をみんなで共有していこうと思うよ。

株

これからご紹介する株の購入を勧める訳ではありません。すべて自己責任でお願いいたします。

本記事では安定性バツグンな成長株を集めました。(2020年6月現在)

株式初心者の方には安定性は大切な要素の一つなので参考にしていただければと思います。

それでは早速見ていきましょう~

エムスリー(2413)

日本は高齢社会というだけあって、医療系というだけで成長分野と言えます。

エムスリーはソニーの関連会社で医療ポータルサイトを運営している会社です。

エムスリーの特徴

・国内医療IT分野で断トツ1位の企業

・MR君(営業支援)、医師向け求人サービス等を運営

・日本国内で約9割の医師が登録している

・売上高は1,300億円、当期利益は216億円と驚異の利益率

医師の約9割が登録しているのはホントヤバいです(笑)

たつごん
たつごん

なにそれ、一人勝ちやん(笑)

あまり医療系とIT系を併せ持つ企業がおらず、参入も難しいため、この状況が成り立っていると言えます。

今後もこの勢いは止まらないのではないかなと予測してます。

株価のチャートを見ると、一目瞭然の成長株代表ですね(笑)

チャート画像

株価:4,620円

PER:120.63倍

PBR:18.92倍

ROE:15.7%

自己資本比率:74.9%

やはり超優良企業なので、PER、PBRともに超割高となっています(笑)

しかし、自己資本比率、ROE、業績を見ても財務健全性、経営力の高さが伺えます

経営力に優れた会社なので、今後の動向は要注目です。

レーザーテック(6920)

レーザーテックは主に半導体製造装置、リチウムイオン電利用のスキャン装置、レーザー顕微鏡などを開発している精密機器メーカーとなります。

レーザーテックの特徴

・世界規模でトップポジションを確立

⇒マスクブランクス検査装置シェア100

・全従業員の6割以上がエンジニアで構成

・高単価装置が増え利益率が上昇、連続最高益達成

この会社はニッチ分野での経営をしているため、競合が少なくシェアを伸ばしやすいという強みがあります。

また、エンジニアが非常に多いため、高い技術力と研究開発体制が整っている点がトップとなった要因だと考えられます。

オンリーワンの製品を数多く生み出しているため、今後も成長間違いなしな企業であると思います。

チャート画像

株価:10,470円

PER:94.42

PBR:27.32倍

ROE:28.9%

自己資本比率:44.0%

安定成長株はやっぱりどれもPER、PBRが高いです。これは仕方ないです。それだけ期待されている、みんなが注目している株なので。

ROEは素晴らしい数値を誇っており、事業を効率的に回せている証拠です。

ジャストシステム(4686)

ジャストシステムと言えば、「一太郎」や「ATOK」を運営している会社ですが、いまある事業が注目されています。

それが、「スマイルゼミ」です。こちらは幼児や学生向けの専用タブレットで学習できるサービスを提供してます。

スマイルゼミが躍進したことにより、圧倒的な成長を遂げている企業で再注目されるようになりました。

ジャストシステムの特徴

・キーエンスとの資本・業務提携

・新たな収益源の構築に成功

・スマイルゼミの会員数急激増による期待

チャート画像

タブレット学習が注目されている今、ジャストシステムが一番最先端を行っていると思います。

競合にベネッセホールディングスが挙げられますが、同社にも「チャレンジタッチ」というタブレット学習サービスがあります。

しかし、ジャストシステムは元来ITに強みを持つ企業として運営してきたので、商品企画力と研究開発体制に強みがある企業であると言えるでしょう。

株価:7,810円

PER:45.59倍

PBR:9.87倍

ROE:21.7%

自己資本比率:79.1%

株価が気軽に買える価格じゃなくなってしまっているのが難点と感じるかもしれません。

しかし、スマイルゼミは現在会員数を伸ばしている最中で今後も利益が望める企業なので期待できます。

やはりIT系企業はROEが高く、非常に強い経営力を持っていることがわかります。今後注目していきたいと思います。

スシローグローバルホールディングス(3563)

「2日間の休業日」も話題に(画像はスシローサイトより)

スシローグローバルホールディングスは誰もが知っている有名寿司チェーン「スシロー」を展開している企業です。

回転寿司の市場規模は約10年間で1.5倍にも拡大しており、近年では海外にも事業展開しているため、成長市場であることが伺えます。

スシローグローバルHDの特徴

・回転寿司最大手

・圧倒的な臨機応変力(販促活動など)

・都心部向けに新業態を展開

チャート画像

かっぱ寿司やはま寿司などの競合も多い中、スシローは他社を引き離す工夫を行ったことで1店舗当たりの年間売上高を伸ばすことに成功しました。

その工夫とは、高級感を打ち出したというもので具体的なターゲット層を定めたことで、他社と比べて客単価が高くなったのです。

スシローは経営積極的な販促活動を行ったり、メディア露出を図ったりと経営力の上手さがあります。

株価:2,409円

PER:41.75倍

PBR:5.66倍

ROE:13.6%

自己資本比率:21.4%

PER,、PBRはお決まりの割高具合ですが、こちらの銘柄は株主優待もあるので、成長も期待でき、お得な株主優待も貰える銘柄です。

今やもうスシローが独り勝ち状態なので、回転寿司銘柄を買うならスシロー一択だと思います。お子さんも喜ぶと思うのでお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やっぱり、IT系銘柄は成長率、期待度が非常に高い分野であると感じますね。

今回は安定成長株をご紹介してきましたが、「正直高くて買えない…」という方も多くいると思うので、SBIネオモバイル証券を強くお勧めします。

こちらの証券サイトは1株から気軽に買えちゃうので、少額で分散投資がしたい方や初心者の方に人気があります。

SBI証券が運営していることもあり、安心して投資ができます。是非チェックしてみてくださいね。

それでは他の記事でもお会いしましょう~

タイトルとURLをコピーしました