【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【投資機会を待つ←機会損失です】不動産投資初心者は今すぐ行動に移しましょう

不動産投資
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。

私は区分1戸、アパート一棟を所有する小規模サラリーマン大家です。私は一棟アパートを購入しようと思ってから実際に購入まで約2か月しか掛かっていません。(初心者にしては早い方だと思います。)

「投資機会を待つこと=機会損失」だから今すぐ行動しよう!この記事では、その重要性を説明しています。私と同じ不動産投資初心者向けです。

【投資機会を待つ←機会損失です】不動産投資初心者は今すぐ行動に移しましょう

毎日のように不動産投資関連のニュースやブログを読んでいると、こんな声をよく見かけます。

今は融資が厳しい状況だから、積極的に融資をしてくれるまで待とう。

不動産価格が今は高いからもう少し安くなったら購入しよう。

確かにそうなんだけれども、上記の方は実際に金融機関に足を運んだのでしょうか?不動産会社に聞きに行ったのでしょうか?→答えはNOだと思います。

(不動産投資初心者の私が威張ってすみませんw)

今の市況でも融資引けて購入できた人はいる

実際にスルガ問題以降、融資が引きづらい状況が続いているのはその通りだと思います。ですが、そんな中でも物件購入している人はいますよね。

高属性の人や現金購入している人かもしれません。ただ、それはあくまで「かもしれない」です。

自分の足で金融機関・不動産会社に行って話を聞いてみないと、現在の本当の市況なんてものはわからないでしょう。そう思い、私は不動産会社に話を聞きに行きました。

その結果、私は融資希望金額には満たなかったものの、一棟アパート購入することができました。

社会人2年目になったばかりの低属性の私ですら融資が出たので、この記事を見ている皆さんの方が融資が出る可能性は高いのではないでしょうか。

「時は金なり」:時間が解決してくれる

確かに今は「不動産価格は高い」かもしれません。ただ、それは時間が解決してくれるのでは?と思うのです。

そもそも良い市況がこの後訪れるかなんてことは誰もわかりません。もっと悪くなるかもしれないです。

早めに購入すればその分月々の家賃収入が入ってくるため、多少不動産価格が高くても問題はありません。実績も詰めますし、早く始めた方がメリットが多いです。


逆に、ただ待っているだけでは何も得られません。機会を待つというのは機会損失であることも考えておく必要があります。

※「買いたい病」注意、早ければよいというわけでもない

ここまで物件購入は早ければ早い方が良いという話をしてきましたが、早ければよいというわけでもありません。「はぁ?」って思いましたよねw

何が言いたいかというと、良い物件がないのに機会損失を避けるために何でもいいから購入するのは絶対NGということです。それは買いたい病であって、機会損失ではありません。

不動産投資を始めたいのはわかりますが、良い条件の物件がないならば買わずに待つ方が自分のため、今後のためです。良い物件が出たらすぐに行動するが鉄則です。

良い条件の物件がないときは…

良い条件の物件がない時は待ちましょうと言いましたが、以下のことをしましょう。

  • 不動産投資・賃貸経営の勉強をする
  • 毎日物件チェックをする(不動産会社に行く)
  • 自己資金を貯める(資産運用含む)

とにかく良い物件が出るまでは、購入できる可能性を高める準備をしておくことです。最高の物件が出たら、すぐに行動です。

私は必死になって不動産会社に連絡、融資の際には金融機関調べをしていました。そして、何とか最後の最後で購入できたという経緯です。

さいごに

条件が良い(CFが出る)物件が目の前にあるのに、ネットの情報だけを頼りにして行動しないのは勿体ないです。それは本当に機会損失です。

ネット上に良い物件がなくても、不動産会社は良い川上物件を持っているかもしれません。その可能性を最初から排除して待っているのも機会損失です。

私も低属性だし無理だよね…という大前提を持ちつつ、調べに調べた結果購入に至ることができました。不安沢山でしたが、行動してよかったです。

皆さんもぜひ不動産会社、融資可能な金融機関を自分の足で見つけてやりましょう!

今回は以上です。最後までありがとうございました。

以下、関連記事です。

▼一棟アパート購入後の私の投資戦略を紹介しています。

▼投資・資産運用のおすすめ入門書を紹介しています。▼

タイトルとURLをコピーしました