【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

トヨタはやってることが無茶苦茶…日本企業と日本株は今後どうなる?【じっちゃま米国株】

投資生活
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。
Twitterのフォローもぜひよろしくお願いいたします_(._.)_

この記事では、じっちゃまこと広瀬隆雄氏の米国株投資についてまとめています。

今回は、主に“日本企業、日本株の今後、EV市場”について。

広瀬隆雄氏とは何者?

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。(ZAI

Youtubeで定期的にLive配信をされていて、とてもアップデートな情報を聞けるので、米国株投資をされている方にはおすすめの米国株投資チャンネルです。

じっちゃまの解説を聞いてから運用成績が良くなってきているので、そこで参考・勉強になったことをこのブログでまとめて発信をしています。

※重要ですが、投資の判断は自己責任でお願いします。

トヨタはやってることが無茶苦茶…日本企業と日本株は今後どうなる?

じっちゃまLIVE配信の主に“EV市場、日本企業や日本株の今後”について意見をまとめました。

自動運転はどの企業が覇権を握る?

質問者
質問者

自動運転の覇権はどの企業がとると思いますか?

じっちゃま
じっちゃま

今度インテルがレーダーの会社、ADAS(先進運転支援システム)の会社をIPOすると言っているけれども、それなんかは面白いかもしれないね。

じっちゃま
じっちゃま

で、企業の話をすればテスラが一番近い位置につけているんじゃない

トヨタのEV年間販売計画について

質問者
質問者

トヨタの「EVを年間350万台世界販売へ」という記事へのコメントをお願いします。

じっちゃま
じっちゃま

はい、バカげていると思います。実現しないと思う

じっちゃま
じっちゃま

もうトヨタはEV出遅れててやっていることが無茶苦茶だよね。というか、保身に走っている

じっちゃま
じっちゃま

トヨタの街の城下町、出入りの下請け業者というかそういうファミリーのことばかり心配して、市場がどういう風に動いていっているかに対する注意を払っていないと思います。

じっちゃま
じっちゃま

大きな自動車メーカーの中で相対的なランキングがこれから落ちていく最大のリスクを抱えている企業がトヨタだと思います。

日本がスタグフレーションに陥る可能性

質問者
質問者

日本は不況下のインフレ、スタグフレーションに陥る危険性はありそうでしょうか。

※スタグフレーションとは?
スタグフレーションとは、景気が後退していく中でインフレーション(インフレ、物価上昇)が同時進行する現象のことをいいます。(SMBC日興証券

じっちゃま
じっちゃま

アメリカよりは日本の方がスタグフレーションのリスクは高いと思います。

じっちゃま
じっちゃま

どうしてかと言うと、日本のお隣さんの中国が今不況に入っていこうとしている。これは長引くと思います。そして、長期低迷すると思う。

じっちゃま
じっちゃま

そうすると日本は長い時間かけて、1990年代以降今日までアメリカフォーカスだったのをやり直して中国フォーカスの経済へという立て直しをしてきたわけね。だから今は必要以上に中国シフトになってしまっている

じっちゃま
じっちゃま

そうなのであれば、その親方日の丸の中国がこけた場合日本はどうなります?また経済のリポジショニングをしないといけないわけでしょ。

じっちゃま
じっちゃま

そして、GDP成長率で言うと、日本は低いと思います。アメリカより遥かに低いし、ヨーロッパよりも低い、世界的に見ても低い。

じっちゃま
じっちゃま

それの中でガソリンの値段はどうなるかと言うと上がると思います。穀物の値段も上がると思います。そういうふうに色々なコモディティ、これは世界共通なので世界的なインフレが始まったら日本もそれに巻き込まれざるを得ないと思うのね。

じっちゃま
じっちゃま

そうなると、GDPは伸びないし、インフレは高いというスタグフレーションのリスクは日本の場合比較的高いと思います。アメリカより遥かに高いと思います。

なぜ日本の四季報は嘔吐感を覚えるのか

質問者
質問者

日本の四季報はなぜ嘔吐感を覚えるのですか?

じっちゃま
じっちゃま

それは数字があまりにも醜いからです。売上高が恐ろしい程伸びていない。むしろ減っている企業もたくさんある。

じっちゃま
じっちゃま

利益率が恐ろしい程低い。薄利多売をやっているといったことですよね。それが背筋が寒くなります。

日本株でもタックスロスセリングやデッドキャットバウンスはある?

質問者
質問者

日本株においてもタックスロスセリングやデッドキャットバウンスはあるんでしょうか。

じっちゃま
じっちゃま

あまりないと思う。一つ言えるのは、アメリカでは株式投資が非常に一般的でアメリカの家庭の50%以上が株を持っていると思う。

じっちゃま
じっちゃま

今、日本の家庭の何%くらいが株式投資しているかな?ちょっとわからないけれども、それよりずっと低い比率じゃない?

じっちゃま
じっちゃま

そうなのであれば、確定申告している人の数も少ないと思うし、タックスロスセリングなんてあまり関係ないんじゃないの。

iDeCoを始めるなら“松井証券”(PR)

おすすめのネット証券会社
“松井証券”

【↓おすすめの理由↓】
運営管理手数料がずっと0円
松井証券なら誰でも手数料ゼロなんです。
業界最多水準の商品ラインナップ
「ひふみ年金」や「eMAXIS Slim」など初心者におすすめの人気ファンドが多くあります。

おすすめの米国株書籍を紹介

\インデックス投資歴15年の実践記録がこの一冊で!/
お金は寝かせて増やしなさい

おすすめポイント
  • インデックス投資歴15年間の資産運用記録が紹介されている
  • なぜインデックス投資がおすすめなのかがこの一冊でわかる
  • 「お金は寝かせて増やす」の方法、本質がわかる

\米国株投資の凄さがわかる!必読の投資本/
お金が増える 米国株超楽ちん投資術

おすすめポイント
  • 有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • 米国株に投資する(すべき)メリット、理由がわかる
  • これから米国株を始めようとしてる人でもわかりやすく解説されている

\人気米国株Youtuber「バフェット太郎」氏が著者/
バカでも稼げる「米国株」高配当投資

おすすめポイント
  • こちらも有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • どのような根拠、ポイントで銘柄選定をしているかがわかる
  • 長期的な米国株投資手法がわかる

今回は以上です。
さいごまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました