【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

REITは過去に2回絶滅した・・・REITの税制優遇スキームと投資リスクについて解説

投資生活
この記事は約11分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。
Twitterのフォローもぜひよろしくお願いいたします_(._.)_

この記事では、じっちゃまこと広瀬隆雄氏の米国株投資についてまとめています。
今回は、主に“REITの税制優遇スキームと投資リスク”について。

広瀬隆雄氏とは何者?

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。(ZAI

Youtubeで定期的にLive配信をされていて、とてもアップデートな情報を聞けるので、米国株投資をされている方にはおすすめの米国株投資チャンネルです。

じっちゃまの解説を聞いてから運用成績が良くなってきているので、そこで参考・勉強になったことをこのブログでまとめて発信をしています。

※重要ですが、投資の判断は自己責任でお願いします。

REITは過去に2回絶滅した・・・REITの税制優遇スキームと投資リスクについて解説

じっちゃまLIVE配信の“REITの税制優遇スキームと投資リスク”について意見をまとめました。

今後の金利上昇による不動産セクターへの影響 / REITへの投資リスク

質問者
質問者

今後の金利上昇局面において、XLREなどの不動産セクターは借り入れが難しくなるため不利と考えています。

ハイパーインフレで不動産株がアンダーパフォームした経緯は過去にある

じっちゃま
じっちゃま

ハイパーインフレのシナリオでは不動産株がアンダーパフォームした経緯というのは過去にはあったよね。

じっちゃま
じっちゃま

ちなみに「101 Years on Wall Street」という過去100年以上のウォール街の歴史を年別に資料にしている文献がある

じっちゃま
じっちゃま

例えば、ハイパーインフレだった1974年にはREITの少しブームがあり、凄いベアマーケットが来てチェースマンハッタンモーゲージが70ドルから4ドルまで下がったと書いてあるよ(笑)

REITとは?

REIT(リート)とは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」とよばれています。投資者は、REITを通じて間接的に様々な不動産のオーナーになり、不動産のプロによる運用の成果を享受することができます。(三井住友トラストアセットマネジメント

REITは過去に2回も絶滅したことがある

じっちゃま
じっちゃま

このエピソードは僕が当時勤めていた証券会社がチェースマンハッタンに買われたときにチェースの人からこの話を聞いて「REITというのは2回絶滅しているんだよ」と言われて「絶滅って言葉が激しくない?」と聞いたら、「実際に絶滅した」と言われた。

じっちゃま
じっちゃま

それで調べてみたら本当にREITの上場銘柄とか全部なくなっちゃってて、1988年に僕はアメリカ来たんだけどその時点で上場されているREIT銘柄ってトライコンチネンタルという一社だけだった。

じっちゃま
じっちゃま

でも、過去においては何十銘柄もREITがあったわけですよ。それが全部倒産とか上場廃止になって一社だけになっちゃったという経緯がある。だから、REITとかは気を付けた方がいいかもしれないね。

“税制面での優遇を利用したスキーム”がREITの仕組み

じっちゃま
じっちゃま

なぜREITを気をつけないといけないかと言うと、REITという仕組みは家賃収入があったらそれを右から左に全部株主に配当という形で払い出しなさい、内部留保(雨の日の時の蓄え)を社内に滞留させておいてはいけないということの引き換えに税制面で優遇措置を与えますという器なんですよ。

じっちゃま
じっちゃま

だからその税制面での優遇を利用したスキームで、それがREITと呼ばれるものですよ。

じっちゃま
じっちゃま

金利が大幅に上昇した局面で突然不景気が襲ったりなんかして家賃収入が計画を下回ったとかで借金が返せないという事態になった時に、頼れる内部留保のクッションが全然ないのでチーンとすぐに倒産するパターン。

じっちゃま
じっちゃま

チェースマンハッタンモーゲージが破綻した話をチェイスの人から聞いて怖いと思った。

REITの方が値動きは安定、しかし倒産リスクは高い

じっちゃま
じっちゃま

僕は高利回りとかインカム収入狙いの銘柄を考えるにあたって、例えば今魅力ある銘柄は何だと言われたらエクソンとかシェブロンとかが良いと言うと「なんだ石油株かよ。原油価格に振り回されるだけでそんなの妙味ないじゃん。REITの方が確実じゃん。」と思うかもしれないけれども、それはそういう側面もある

じっちゃま
じっちゃま

家賃は原油価格みたいに乱高下しないからね。その点では値動きはREITの方がマイルドだと思う。でも突発的な金利の変化によって倒産するリスクはREITの方が高いと思うよ。

じっちゃま
じっちゃま

だから、少々扱いにくくてもオイルメジャーの方が良いかなとか考えているのはそういう用心深い配慮があります。

おすすめの米国株書籍を紹介

\インデックス投資歴15年の実践記録がこの一冊で!/
お金は寝かせて増やしなさい

おすすめポイント
  • インデックス投資歴15年間の資産運用記録が紹介されている
  • なぜインデックス投資がおすすめなのかがこの一冊でわかる
  • 「お金は寝かせて増やす」の方法、本質がわかる

\米国株投資の凄さがわかる!必読の投資本/
お金が増える 米国株超楽ちん投資術

おすすめポイント
  • 有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • 米国株に投資する(すべき)メリット、理由がわかる
  • これから米国株を始めようとしてる人でもわかりやすく解説されている

\人気米国株Youtuber「バフェット太郎」氏が著者/
バカでも稼げる「米国株」高配当投資

おすすめポイント
  • こちらも有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • どのような根拠、ポイントで銘柄選定をしているかがわかる
  • 長期的な米国株投資手法がわかる

今回は以上です。
さいごまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました