【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【副業が続かないあなたへ】モチベ上げで超大切な要素と注意点

副業・起業
この記事は約4分で読めます。

おはよう、こんにちは、こんばんは、たつごん(@tatsugonblog)です。

本記事をご覧いただきありがとうございます。

たつごん
たつごん

「副業してたけどモチベ維持できなくて辞めちゃった…」「まったく稼げないからやり込めない…」こういう方は多くいるのではないでしょうか。私も以前は上記のような人だったので、今回は副業を続けられるモチベアップの方法をご紹介しようと思います。

こちらの記事を通じて、皆さんのモチベアップの一助になれれば幸いです。

早速、見ていきましょう!

「なぜ、副業をするのか」考えてみてください

恐らく、この見出しを見たあなたは「稼ぎたいからに決まってるじゃん」と思ったかもしれません。

確かに、稼ぎたいという気持ちはもちろん誰でも同じですよね(笑)私が言ってるのはその先の話になります。

まずは、私が「なぜ、副業をするのか」お伝えしようと思います。それは以下の通りです。

・会社員という時間に縛られる人生を送りたくない

・将来は悠々自適に暮らし、自分の趣味をとことん追求したい

・株式投資で配当セミリタイア生活を目指している

上記の理由は頭に浮かんできたままに記しましたが、まだまだ副業をする理由はあると思います。

ただ稼ぎたいからではなく、「副業で稼いで、何がしたいのか?」ここまで追求する必要があるのです。

共感できる人を増やす

副業を続けて稼いでいくには強い気持ちが必要です。軌道に乗ってくる前に「私は何で稼げもしない副業をしているんだろう…」ってなるのが当たり前です(笑)

何度も心折れる経験をします。そして、そこにのしかかってくる仕事という重圧…。あぁ、考えたくない…ってね。(笑)

そういう気持ちになって副業をやめることを避けるためにも、仲間を増やす必要があると思います。仲間というのはただ普通の友人を作るわけではないです。

例えば、あなたがサラリーマンを早く辞めたいなら、同じサラリーマンを辞めたい人を探したり、すでにサラリーマンを辞めて自由な生活をしている人を探せばいいのです。

「ただ探して同士を集めて、モチベが下がりそうになった時や普段からその人をウォッチする」

ただ、それだけです(笑)私は、マナブログさんをはじめとしたブログ系YouTuberさんをチャンネル登録して日々のモチベ上げにつなげています。

あなたも共感できる人を常にウォッチしていれば、副業を続けられて理想の生活を手に入れられるかもしれません。

注意点①:すぐには稼げないということ

「副業をしてすぐに稼げる」そんな甘い話はありません(笑)あるんだったら教えて下さい。何事も最初は試行錯誤で学んでいき、その先にやっと結果がでてくるものだと思います。

誰だって最初は0スタートなんです。自分だけすぐに稼げるようになるということはなかなかありません。運だけに頼らず、努力するということの大切さはこの記事を読まれている方は全員わかっているはずです。

私もこうしてブログを書いているわけですが、この記事はブログを始めて3日目のものとなります(笑)その前までめっちゃ調べたりして、やっとこのような記事を作ることができるようになりました。

もちろん、まだ初心者ブロガーで下手くそかもしれませんが、徐々にかけるようになってきたと実感があり、それが楽しくて仕方ありません。

注意点②:楽しくやらないと100%続かない

上記でも述べていますが、私はブログを書くことが楽しくて仕方がありません。自分が書いた記事を誰かが読んでくださって、もしかしたらその人の行動すらを変えることができちゃうかもしれないんです(笑)

もちろん、まだそんな力はないかもしれませんが、その将来を考えるだけでもワクワクします。

副業は辛いと思ったら、恐らく3日も経たずに辞めることになると思います。モチベ―ション=楽しさから来ているといっても過言ではないです(笑)

・副業で○○ができるようになった!(1記事作れた、コメント貰えたとかでも◎)

・副業で徐々に稼げるようになってきた!

副業をして楽しいと感じることを、本当に何でもいいから探してみてください。これがなかったら、その副業は辞めて他の副業を始めた方が良いかもしれません。

まとめ

今回は副業を続けるために必要なこととその注意点をご紹介しました。

まずは、行動あるのみです。しかし、その先にある「将来何がしたいのか」まで考える必要もあると思います。

そして、とにかく楽しくです。つまらないことなんて今のサラリーマンとしての業務で十分です(笑)もちろん、多少の学びはありますが…(笑)

お互い、副業を軌道に乗せて自分のやりたいことを実現していきましょう!

それでは、ほかの記事でまたお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました