【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

初心者必見!不動産投資をなぜやるのか?【失敗している人の特徴やメリットも紹介】

不動産投資
この記事は約7分で読めます。

不動産投資で沢山失敗している人がいるのになぜやるのですか?

今回はこの悩みに回答していきます。

確かに不動産投資で失敗してしまう人がいるのも事実ですが、逆に儲けている人がいるのも事実です。

また、失敗している人には共通した理由・特徴があります。

本記事では、不動産投資をなぜやるのかについて失敗している人の特徴や不動産投資をするメリットを紹介していきます。

不動産投資で失敗してしまう人の特徴とは?

まずは、不動産投資で失敗してしまう人の特徴から紹介していきます。

不動産投資で失敗する人
  • 不動産会社の言うがままに購入した人
  • 不動産投資に対する知識がないまま始めた人
  • 投資目的・目標が曖昧で軸がないまま続けている人

不動産会社の言うがままに購入した人

不動産投資で「生命保険」、「節税対策」、「年金代わり」になると不動産会社から紹介を受けて購入するのは完全に失敗です。富裕層は減価償却等で節税対策になりますが、一般人は鵜呑みにしてはいけません。

これらを真に受けて購入してしまうのは不動産会社の「カモ」で、高値で物件を買わされているパターンが多いはずです。

「仲介手数料も登記費用なども無料ですよ~」とかがその代表例です。それをしてでも利益が出るからそうするのです。好意的な不動産会社だと思ってはいけません。

とにかく新築区分マンションだけは購入するのは避けましょう。低利回りで手出しが発生するので、不動産投資の恩恵を一切受けていませんので。

不動産投資に対する知識がないまま始めた人

全てに言えることですが、何も知識や情報を持っていないまま資産運用をするのははっきり言って論外だと思います。

不動産投資は不労所得だからと言って何となくで購入している人もいるみたいですが、それは完全に勘違いしています。不動産は思ったより手がかかるので、事業的側面が強い投資です。

また、不動産投資では多額のお金を動かしますし、不動産に関する知識や融資情報は常に最新のものをキャッチしておかないと失敗につながります。何もしないのはリスクしかありません。

投資目的・目標が曖昧で軸がないまま続けている人

何のために不動産投資をするのか、どのような不動産を購入していくか、不動産投資でいくら収入を得たいのか、など。

不動産投資の目標や目的がないと、よく分からず投資をしていることになり、最終的にモチベーションも維持できずに…なんてことになります。

また、利回りだけを見て不動産投資をするのも間違っています。物件の状態や立地、価格など総合的に判断した上で購入する必要があります。

不動産投資は長期で経営的な視点を持って行うことが必要なので、収支計画・返済計画などをもって始めることが成功のカギです。

とにかく投資目的・目標を持ち、稼げる物件を購入するために様々な観点から見極めるようにしましょう。

不動産投資初心者におすすめ

「不動産投資の教科書1年生」は、不動産投資に関する知識を順を追って身につけていくにはもってこいな書籍になります。物件の選定基準やリスクの回避方法など一読の価値ありです。

私もこの本を読んだことがあり、非常に分かりやすかったので特にこれから不動産投資を始めようと考えている人におすすめの一冊です。

不動産投資をなぜやるのか理由を紹介

不動産投資をやる理由をシンプルに言えば、「現状の自分の資産を増やす」ということだと思います。

株式投資やFXなどと同じように不動産投資も今の資産を少しでも増やすために行います。

では、株式投資やFXではなく不動産投資をやる理由とは何か?以下に紹介していきます。

不動産市場は比較的安定している

不動産投資の良い所はインカムゲイン、要は家賃収入を月々得られるところです。

株式投資やFXの相場は上げ下げが激しく、株式で言えば配当金も半年に一回などですが、不動産投資は入居者から月々家賃としてお金が入ってきます。

リーマンショックやコロナショック時も不動産は他と比べて、安定度が高い資産運用だと証明されてきました。

また、株などは簡単に売却することができますが、不動産はすぐに売却できないためその分の流動性が下がります。

さらに、不動産投資は資産がゼロになることは考えずらいです。家賃収入がゼロになっても土地という資産は残るので最悪売却すれば何とかなりやすいです。

これらが不動産市場が安定していると考える理由です。

レバレッジを効かせて資産拡大できる

不動産投資の良い所2つ目は融資(レバレッジ)を効かせて資産規模を拡大することができる点です。

資産運用をしようとなると自分の資金を使うことになりますが、不動産投資は違います。不動産投資ローンや事業ローンを活用して不動産を購入することができます。

つまり、金融機関からの融資(言い方が悪いですが他人のお金)で投資を行うことができます。※金融機関に投資と言うのはおすすめしません。不動産は事業です。

例えば、自己資金100万円で1000万円の不動産といった感じで自己資金以上の金額で回すことができるため資産規模の拡大スピードを早めることができます。これが良い所です。

火災保険や地震保険、管理費、固定資産税、不動産取得税など諸経費はかかるので、こちらも考慮した上で不動産購入するようにしましょう。

まとめ

今回は、不動産投資をなぜやるのかについて紹介してきました。失敗する人は勉強不足、計画不足な場合がほとんどです。

逆にしっかりと不動産に関する勉強をしていれば、問題なく失敗することなく運営できるのでミスを犯さないよう事前準備をちゃんとするようにしましょう。

そして、不動産投資には様々なメリットがあります。それは、年金対策になるからとか保険代わりになるからとかでは一切ありません。

月々安定的に収入を得ることができ、手元資金以上の金額の不動産を購入して運用することができるからです。これが不動産投資の醍醐味です。

くれぐれも慎重に不動産投資をやっていきましょう。

以下、関連記事です。

▼不動産投資に向いている人の特徴を紹介しています。

▼【ポイントサイト】モッピーの不動産投資案件のメリット・注意点を解説します。

タイトルとURLをコピーしました