【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

チャンスは一度だけ!1月効果とデッドキャットバウンス効果を解説【じっちゃま米国株】

投資生活
この記事は約14分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。
Twitterのフォローもぜひよろしくお願いいたします_(._.)_

この記事では、じっちゃまこと広瀬隆雄氏の米国株投資についてまとめています。
今回は、1月効果とデッドキャットバウンス効果について。

広瀬隆雄氏とは何者?

三洋証券、S.G.ウォーバーグ証券(現UBS証券)、ハンブレクト&クィスト証券(現J.P.モルガン証券)を経て、2003年、投資顧問会社・コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。(ZAI

Youtubeで定期的にLive配信をされていて、とてもアップデートな情報を聞けるので、米国株投資をされている方にはおすすめの米国株投資チャンネルです。

じっちゃまの解説を聞いてから運用成績が良くなりつつあるので、そこで参考・勉強になったことをこのブログでまとめて発信をしています。

※重要ですが、投資の判断は自己責任でお願いします。

チャンスは一度だけ!1月効果とデッドキャットバウンス効果を解説

じっちゃまLIVE配信の“1月効果とデッドキャットバウンス効果”に関する意見をまとめました。

「デッドキャットバウンス効果」とは

マーケットが大きく下げた後、一時的に起きる反発のこと。英語では「Dead Cat Bounce」(=死んだ猫でも、高いところから落とせば弾む)で、ウォール街で使われる格言の一つ。(野村証券

「1月効果」とは

株式相場で1月の収益率が他の月よりも高くなりやすい現象のことをいう。特に小型株でその傾向がみられる。相場における季節性のアノマリー(経験則)の一種。年末に税金対策としての売りがでる一方で、年明けには新規の投資資金が流入しやすいことなどが要因と言われている。(野村証券

1月効果の反応が出ない銘柄の引き際は?

質問者
質問者

1月効果で反応が出ない場合、損切りするめどはいつ頃でしょうか。

じっちゃま
じっちゃま

1月10日くらいで全然動かないようでしたら処分してください。

[12/20LIVE配信]

デッドキャットバウンス効果は再び起こり得る?

質問者
質問者

デッドキャットバウンス効果が一度もたらされた銘柄に再び効果が表れることはありますか?

じっちゃま
じっちゃま

ありません。ほとんど例外なくデッドキャットバウンスは一過性のものです。三日天下。

じっちゃま
じっちゃま

だから、今日7%、明日15%、明後日20%と跳ねあがったらそこでピーンって感じで売ってください。そして、二度とその銘柄には戻らないで

じっちゃま
じっちゃま

例えば、去年の今頃まったく同じ話をしたわけですよ。それで去年に良いかもしれないといった銘柄がルート(ROOT)自動車保険の銘柄。去年の12月ですよね。この13ドルくらいの時に良いと言ってその後19ドルまで言ったわけでしょ。

じっちゃま
じっちゃま

その後も高くなったけど、それ以降はまたズルズル安の展開で、今レラティブストレングス1、パーセンタイルランクで言えば一番低いパフォーマンスに甘んじているわけでしょ。こういう同じことが99%のデッドキャットバウンス候補銘柄でも起こると思う。だから、長居は無用ですよ

※パーセンタイルランクとは?
選択期間における当該ファンドのトータルリターンがカテゴリ内で上位何%以内に属するかを表すものです。例えば、カテゴリ内に投資信託が50本あり、当該ファンドの順位が10位の場合、%ランクは20、となります。(モーニングスター

[12/20LIVE配信]

1月効果、デッドキャットバウンスの候補銘柄

質問者
質問者

1月効果を狙う場合、現在まだ値段が大きく上がっていない銘柄かつショートが多い銘柄が良いという認識でしょうか。例えば、トーリッド(CURV)など。

じっちゃま
じっちゃま

はい。多分、これもいけるだろうね。OKだと思います。その他、今年は1月効果銘柄がザクザク、ゴロゴロありますけどね。

質問者
質問者

オントラック(OTRK)はいかがでしょうか。

じっちゃま
じっちゃま

これはデッドキャットバウンス候補銘柄、1月効果候補銘柄ね。もうレラティブスストレングス1ということで、およそアメリカに上場されている銘柄の中でこれほどパフォーマンスが悪かった銘柄はないというような酷いパフォーマンスだよね(笑)

じっちゃま
じっちゃま

12/17のトレードを見てたら、そういうデッドキャットバウンス狙い、ショート筋を担ごうとするような動きがちょっと大引け前に見られた気がする

※レラティブストレングスとは?
レラティブストレングスとは、日経平均などの株価指数と比較して個別銘柄の値動きの強さを測る考え方です。(投資ハック

質問者
質問者

アサナ(ASAN)はどうでしょうか。

じっちゃま
じっちゃま

随分と下がりましたね。これもひょっとしたら1月効果でちょっとリバウンドするかもしれません

[12/20LIVE配信]

年末年始は相場が高い時期⇒強気姿勢でOK

質問者
質問者

この期間(年末年始)の現金比率はどうすればよいでしょうか。

じっちゃま
じっちゃま

僕ならフルインベストメントで臨むと思います。何故かというと、クリスマスから新年にかけては普通は相場高い時期なので、今の段階で弱気になる筋はないと思うのね。

じっちゃま
じっちゃま

とりわけ、過去24時間くらいの間に長期金利が低下したので、それは株とってプラスでしょ

じっちゃま
じっちゃま

なので今は買いにくい局面だと思うけれども、心理的にね。でも強気な姿勢を崩すべきではないと思います

[12/20LIVE配信]

クリスマスラリーがなく年明けした場合

質問者
質問者

このままクリスマスラリーがなく、年が明けた場合、1月までは強くて2、3月くらいまでは調整というシナリオは変わりますか。

じっちゃま
じっちゃま

それはシナリオは常に漫画なので、変わらざるを得ないと思います。

じっちゃま
じっちゃま

クリスマスラリーが全然ない年もあるし。僕が説明していることで例えば、12月1月あたりは相場強いですよというのは、そういう風に決まっていると言っているのではなく、過去の事例を見ると大体そうだったという話をしているだけです。

じっちゃま
じっちゃま

何故そうかというと、ボーナスが入って皆株でも買うかという資金のシーズナリティとかが関係していると思う。

じっちゃま
じっちゃま

だから、ボーナスを出さないなら株にもお金来ないと思うけど、普通ボーナスって日本の場合なら6月とか12月とかに出るよね?という社会ルール、慣習としてそうなっているから、今年はないっていう風に断言はできないでしょ。ということから、言っているだけのことです。

[12/20LIVE配信]

おすすめの米国株書籍を紹介

\インデックス投資歴15年の実践記録がこの一冊で!/
お金は寝かせて増やしなさい

おすすめポイント
  • インデックス投資歴15年間の資産運用記録が紹介されている
  • なぜインデックス投資がおすすめなのかがこの一冊でわかる
  • 「お金は寝かせて増やす」の方法、本質がわかる

\米国株投資の凄さがわかる!必読の投資本/
お金が増える 米国株超楽ちん投資術

おすすめポイント
  • 有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • 米国株に投資する(すべき)メリット、理由がわかる
  • これから米国株を始めようとしてる人でもわかりやすく解説されている

\人気米国株Youtuber「バフェット太郎」氏が著者/
バカでも稼げる「米国株」高配当投資

おすすめポイント
  • こちらも有名米国株ブロガーのおすすめ投資銘柄が具体的に紹介されている
  • どのような根拠、ポイントで銘柄選定をしているかがわかる
  • 長期的な米国株投資手法がわかる

今回は以上です。
さいごまでお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました