【不動産投資記録】私の所有不動産を公開中 >>

【成功率70%⁉】不動産投資は「成功」しやすい?【成功ポイントもあわせて紹介】

不動産投資
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、たつごん(@tatsugonblog)です。

今回は、不動産投資は他の投資と比べて成功しやすい投資なのかについて記事にしました。

私の自己紹介

23歳で区分マンションを購入し不動産投資を開始。その4か月後に埼玉県某市にアパートを購入し、年間家賃収入は350万円、税引きキャッシュフローは約220万円。新人サラリーマン大家です。

これから不動産投資を始めようとお考えの方など少しでも参考になれば幸いです。

【成功率70%⁉】不動産投資は「成功」しやすい?

不動産投資は成功しやすいのかという問いに対して、結論から言ってしまうと「不動産投資は成功しやすい!」と思います。

「不動産のいろは」調べによると、アパート経営が成功していると回答した投資家・オーナーの方は69%だったという結果が出ています。(「まあまあ成功している」、「成功している」の回答を合算)

不動産のいろは より

どちらとも言えないというのは曖昧な選択肢だなと常々感じてますが、そう回答した人の中には、

投資家①
投資家①

自分の目標は家賃収入1000万円なのでまだまだっす。

投資家②
投資家②

実家を相続対策でアパートにしただけなので成功したかどうかよくわかりません。

投資家③
投資家③

私なんて平凡な人間でただアパート所有しているだけです。成功なんて言葉は程遠い人間ですよ。

などなど、目標が高くてまだ成功と感じていない方や謙虚な方もいると思うので、どちらともいえない=失敗とは言えないですよねw

ですので、不動産投資の成功率はこの調べから考えると7割を超えてくると思います。

実際に不動産投資をしていての感想

実際に不動産投資をしていて感じていることは、不動産投資はとても安定しているということです。

株式投資のように価格の変動はなく、不動産投資は毎月安定して入居者の方から家賃という収入が入ってきます。

○○ショックのときでも安定して家賃をいただけるのでその点失敗しにくいというのは間違いないと思います。

他の投資と比べても不動産投資は成功しやすい?

ここでは、他の投資と比べても不動産投資は成功しやすいのかを成功率から見ていきます。

①株式投資

type調べでは、約46%の人が株式投資で損(=失敗)していると回答しており、外貨投資においては約68%の人が損をしていると回答しています。

グラフ:現在、投資を行っていますか? / 現時点で、投資の結果を教えてください。
type調べ より

そして多くの方が聞いたことあるかもしれませんが、個人投資家で実際に儲かっている人はたったの一割で残りの9割の人は損をしていると言われています。

成功率約70%とされている不動産投資と比較すると、株式投資は失敗しやすいと考えられます。

②FX投資

FX投資は皆さんご存知のように株式投資よりも稼ぎづらい=失敗しやすいと言われています。

正確な統計データはありませんが、FXに参加した人の90%は1年以内に市場から去っていく、つまりFXをやめてしまうと言われています。

FX投資で「初心者の9割」が「1年以内に撤退する」理由 より

その理由として挙げられているのが、「初心者でも簡単!」「手軽!」「少額から!」と謳った広告などがあるからと言います。確かに多いですよね。

③仮想通貨投資

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨が今も話題になっていますが、仮想通貨投資の失敗率はどうなのでしょうか。

日経の調べによると、2019年での投資勝率は30%弱とその前の調査と比較すると9%悪化しているという結果が出ています。

今回調査での仮想通貨取引の勝率は30.5%と、前回調査(39.5%)から悪化。1億円以上の利益を上げた人はわずか1人(前回調査では12人)にとどまった。1000万円以上の損失を出した人も18.2%と、決して少なくはない。

仮想通貨投資の勝率は3割 半数が元手1000万円以上 より

調査年が少し昔ですが、不動産投資と比べると失敗しやすいと考えられそうですね。

私も以前仮想通貨投資をしていましたが、値動きがとても激しいので負けやすくも超稼げる可能性もあるというのが仮想通貨の特徴な気がします。

私は2年ほど塩漬けをして、少しプラスになった時点で退場しました。さすがにあの値動きに初心者は突っ込むべきではないなと感じましたのでw

不動産投資の成功ポイントとは?

不動産投資(アパート経営)で成功するポイントについて、3点挙げられていたのでご紹介したいと思います。

アパート経営の成功ポイント
  1. 土地所有で建物のみ負担であれば成功率が高い
  2. 土地から購入する場合は高い家賃がとれないと失敗する
  3. 中古物件を狙う

①と②に関しては新築アパート限定で言っている話ですね。「借り入れが少ない」&「家賃が高くとれるエリア」であれば成功しやすいというのは当然のことです。

このような場合から始められる人は少ないと思うので、「中古物件を狙う」というポイントにフォーカスしたいと思います。

中古物件を購入するメリットは以下の通りです。

  • 新築した時の半額以下で購入できるため資金を抑えられる
  • 新築と比べて利回りが高い物件を購入できるためCFを得やすい

とにかく不動産投資において大切なのは、「安く買い、高い収益を得る」ということ。これらを意識している人は不動産投資で成功しやすい人だと思います。

パッケージ型の新築アパートを購入したり、新築・築浅区分マンションを購入したりする人は失敗しやすい=それは「高く買い、収益が低い」という不動産投資をされているからです。

まとめ

本記事では、不動産投資は成功しやすい投資なのかについて紹介してきました。不動産投資は他の投資と比べても成功しやすいということがわかってきました。

成功するためにも「安く買い、高い収益を得る」ということを常に考えて、物件を買い進めていくことが大切ですね。

くれぐれも新築系のアパートや区分マンションは購入されないように気をつけましょう。先日ツイートした内容を掲載します。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

以下、関連記事になります。ぜひご一読ください!

▼不動産投資家にとって賃貸住宅「ビレッジハウス」が脅威すぎる【特徴、評判など完全解説】

▼【失敗しないために】不動産投資に向いている人の特徴を紹介【6選】

タイトルとURLをコピーしました